「恋スルARENA」ライブビューイングと華優希ちゃん
「恋スルARENA」は今日からお稽古開始のようです。
4月28日の千秋楽後、明日海さんは少しでもお休みすることはできたのでしょうか?
東京の「鳳月杏のディナーショー」の初日ご出席されたり、18日には新トップコンビ華優希ちゃんとお揃いで宙組「オーシャンズ11」をご観劇されたとか。
本日発売の「横浜ウォーカー」などの雑誌にも記事が掲載されているそうで、退団を控えてインタビューもお忙しかったでしょうね。

スポンサーリンク



『明日海自身が一部衣装デザインにも挑戦』と「恋スルARENA」の案内にもありましたが、一部衣装デザインにとどまらず色々と企画段階から参加されて、「こだわりの明日海りお」のコンサートにすることを目指されていて、そちらもお稽古の前段階からお忙しかったのではないかな。

「恋スルARENA」みりりん人気はやはりスサマジかった

※発売予定枚数を終了いたしました。
2019年5月18日(土)10:00~
宝塚歌劇Webチケットサービス
販売価格
・アリーナ席 8,800円
・スタンド席 6,000円
・立見券 4,000円

「恋スルARENA」の追加チケットが販売されましたが、やはり数時間で完売されました。
連動型ブレスレットライトに心惹かれた!
無線により光がコントロールされる「無線コントロール式」のブレスレット型ライトが、「恋スルARENA」では導入されるとのこと。
『横浜アリーナならではの機構を駆使した、圧巻のパフォーマンス』の一つなのでしょうね。

舞台の演出に合わせてブレスレットライトの色が様々に変化するなんて、大きな会場でのその光景を想像するだけで、今まで経験したことのない圧巻のパフォーマンス!
この連動型ライトは会場でないと体験できないもの。
追加チケットが販売されたのでHPをのぞいてみるとすぐには完売とならず購入できる状態でした。
連動型ライトを経験してみたかったので、入力画面を前にして「行きたい、でもどうしよう」と葛藤し続けました
でも体力に自信が無いので、ライブ会場のチケット購入のポチッができず、再びのぞくと完売していました。

ライブビューイングの発表を待っています。
これだけの人気を誇る「恋スルARENA」だから、必ずライブビューイングありますよね。

会場だけの限定ガチャガチャというのもあるようですね。
中身は一体どんなものなのでしょう?
みりりんグッズ?それとも「恋スルARENA」関連グッズ?
このガチャガチャを購入することも、長蛇の列になるのでしょうね。
会場限定のガチャガチャについても後日詳細についてお知らせがあるとか。
希望者が多いので、普通に販売したら、大変なことになるのでしょう。
ライブ会場では、何時間も前に会場に行ってグッズを購入するのが当たり前だそう。

大人数が集って混雑が予想されるため、3つの販売方法が用意されました!
先行販売
利用のために「4つのご購入タイム(A~D)」が用意されている中から、事前にご登録してから。

キャトルレーヴ オンライン 一般発売
(在庫の保証は無し)

横浜アリーナ会場物販コーナーでの販売
詳細は決まり次第お知らせ。

ライブによく行く息子たちからグッズを購入するためには、かなりはやい時間に行かなければならないと聞いていたので、2日目の2回公演の日など、どうなるのだろうと思っていました。
「酷い混雑」を避けるために、更にはアクセスの集中によるサーバーダウンを避けるために、事前の購入の時間帯の登録をして購入とは、よく考えているなと思います。
しかし主婦のケチな感覚では、「購入金額が5,000円(税込)未満の場合は、別途、送料必要」というのがモッタイナイ感じが…

宝塚としては、前例のない大イベント、効率よく販売ができるよう知恵を絞ってくれています。

ファンの方には大切な思い出のグッズ、「売り切れ」になっては悲しいので、事前に様々な施策がとられて、確実に手に入るなら、有難いですね。

ただただみりりん人気の凄さに驚くばかりです!

スポンサーリンク



この公演は花組新トップコンビ明日海りお・華優希のお披露目公演

「恋スルARENA」に参加される方の目的は、「明日海りおのコンサート」であり、明日海りおさんを観るためだと思いますが、案内文には「新トップコンビ明日海りお・華優希のお披露目公演」と明記されています。さらに「主演 明日海りお 華優希」とも。

本日発売の「宝塚グラフ」には、みりりんが華ちゃんとの微笑ましいエピソードを語っていました。
二人で大劇場の初観劇もされて、新トップコンビの存在も忘れないでよ、とアピールされている感じがします。

関西での「カフェブレイク」の放送は関東より数週間遅れていて、昨日「帆純 まひろ・華優希の新人公演コンビ」の放送がされました。

華ちゃんは下記のように語っていました。

「今までの方が築いて来られた花組娘役の美しさを全力で引き継いでいきたいなとも思いますし、明日海さんのご卒業が決まられておりますので、明日海さんが築いて来られた、これから素敵な世界を作られる一員となれるよう、しっかり精進していきたいなと思います。」

突然11期も離れた「大スター明日海りお」の相手役となって、「恋スルARENA」という大イベントで相手役をつとめること。
さらに大劇場のサヨナラ公演の相手役をつとめること。
大プレッシャーでしょうね。

みりりんは、今まで3人の娘役さんと組んできたので、娘役さんの良さを引き出しエスコートすることには長けているから、
華ちゃんは明日海さんの懐の深さにたっぷり包んでもらって、「花娘のトップスター」として育まれていかれるのでしょう。
そして短い間のコンビ経験でも、沢山得ることが多く、華ちゃんの次の娘役としての経験の宝物になるでしょう。

華優希ちゃんのちょっと天然なところが、最後を極めようとしているみりりんには、ほッとできる存在になれるといいですね。
天然すぎて足を引っ張るようなことにならないと良いなと思います。
実力派で性格も良く気配りができる前娘役トップ・仙名 彩世ちゃんのことを絶対的に信頼されていたので、華ちゃんとしては本当に大変な立ち位置だと思いますが、頑張って欲しいとおもいます。

誰よりも本気で男役に取り組んできたみりりんは、「恋スルARENA」のパフォーマンスに男役の集大成として全身全霊をかけて臨まれてくるでしょう。
本番まであと約1か月余り。楽しみですね。

今日もここまで読んでくださってありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
いつも応援してくださりありがとうございます。

twitter


スポンサーリンク