礼真琴全国ツアー初日開幕
本日無事に礼真琴主演全国ツアー『アルジェの男/ESTRELLAS』の初日の幕があがりました。

くららは梅田でのチケットが取れなかったため、札幌遠征で2回観劇予定です。
(今回の星組全国ツアーは恐ろしいほどチケット難ですね)
スカステの『NOW ON STAGE』を見たり、TWITTERでのつぶやきを読ませていただいて、観劇はまだまだ先ですが、ワクワクとしています。

ショーのフィナーレで、礼真琴君が大きくて真っ白の中に青い羽が入っている星組らしい大羽根を背負って出てこられたとのこと、「次期トップスター」ですね。
このために先日トップ就任の発表があったのでしょうね。

スポンサーリンク



愛月ひかる君について

専科から愛月ひかる君が初出演ですが、愛ちゃんが新鮮な風を送り込んでくれて、ショーは全然違うものに仕上がっているようです。

お芝居の愛ちゃん演じるジャックは、「救いようの無い、何も良い所が無いズルイヤツで、黒い役を多く演じている愛ちゃん自身が『今までで一番最低な奴』と言い切るほどの「悪」だとか。
ジュリアンの手にしているもの全てを手に入れたい悲しいヤツなので、自分がこんな事をされると一番嫌だと思うように演じているそう。
月組の時のジャックのソロ曲は星組版なので無いようです。
愛ちゃんジャックの黒さはスゴイと評判。気持ち悪いほどとか。

今回は主演の琴ジュリアンもご自分で「思った以上に最低なヤツ」という程で、ギラギラと野心に燃えた目がその黒さを表現するよう。
「本当の愛に気づいた時は遅かったという結末を迎える」と『NOW ON STAGE』で琴ちゃんが語っていました。

『NOW ON STAGE』での愛月ひかる君のお話
愛ちゃんは初舞台が星組公演。
白妙なつさんは、以前から「愛ちゃんは星組に合う」と言っていたそう。
愛ちゃん自身も「初舞台が星組なので、専科デビューが星組で嬉しい」と。
琴ちゃんとは親しくなったようで、車中でのゲームや空き時間の行き場所を考えたりしているそう。

紫藤りゅう、桜庭舞、小桜ほのか、極美慎、天飛華音ら活躍中

3番手としては、紫藤りゅう君が頑張っていたようで、そう願っていたので嬉しいです。
紫藤りゅう君のほんわかとした温かい雰囲気が魅力で、お芝居の方ではその持ち味のままのミッシェルを演じているよう。

そしてショーでは、紫藤りゅう君と桜庭舞ちゃんとの高いリフトでくるくる回すデュエットシーンも映し出されていました。
桜庭舞ちゃんは100期生の歌って踊れる、雪組「NEW WAVE」などでは大活躍の期待の娘役さんです。
昨年2月に雪組より組替えしてきましたが、その後大きな役はついていなかったので、今回はエリザベート役がついて、『NOW ON STAGE』でも華やかなお化粧をして出演していました。
ショーでも活躍しているようで、今後も楽しみ。

99期生の小桜ほのかちゃんも、盲目のアナ・ベル役で美しい歌声も聴かせてくれるようです。
「前から全国ツアーでもピアノを弾くのか?」というのが気になっていましたが、映像では弾いていました。(どうでも良いことですね。ゴメンナサイ)
アンドレ役の極美慎君は、ほのかちゃんをお姫様抱っこするとか?
極美慎君もショーでも今回活躍しているようですね。

そして真琴君に歌声がにている天飛華音君も、ジュリアン派の少年ピエール役で活躍のよう。

『ESTRELLAS』ショーについて

予想していた通り、琴ちゃんが、極限まで踊って、歌うショーのようです。

星夢の時、琴ちゃんが客席から登場するそう。

チャンピオーネは、琴ちゃんが1人で舞台に残って、みんな客席降りをして、客席から戻ってきた愛ちゃんらを、琴ちゃんがハグするとか。

エストレージャス パレードの順番
エトワール 白妙なつさん
《桜庭、極美、小桜》→《夢妃、紫藤》→
《愛月》→《音波》→《礼》

音波みのりさんについて
今回音波みのりさんは、お芝居ではヒロイン、ショーはトップ娘役の扱いです。
バウホールや別箱では、数多くのヒロイン経験があるのに、本公演は2番手止まり。
91期生で、同期には野々すみ花さん、愛加あゆさん、現役では紫門ゆりやさん、澄輝さやとさん、天寿光希さんらがいらっしゃいます。
琴ちゃんと4期離れていても、美しいのでピッタリお似合いのコンビです。
もう少し歌がお上手だったらトップ娘役もあったのでしょうか?

デュエットダンスについて
プロローグとフィナーレで「礼・音波」のデュエットダンスがありますが、
フィナーレは「紅・綺咲」と同じ曲で同じ振りだそう。

琴ちゃんは、「さゆみさんとあーちゃんの偉大さを感じる」と謙虚にこたえていました。

以前にも書きましたが、さゆみさんは琴ちゃんに

「もっと堂々としてていいんやで」
「自分のやりたいようにやったらいいんやで」

とおっしゃっています。
礼・音波ペアは、何も遠慮せず二人で最高のデュエットダンスを踊られたらいいと思います。

くららが昔ファンだった高汐巴さんは、ダンスが得意ではありませんでした。
トップの時、2番手は名ダンサーとして有名な大浦みずきさんでした。
2人だけで並んで踊っても、技術的な差があっても、スターの魅力で差は感じませんでした。

技術的な面では琴ちゃんは最高峰に位置していますが、スター性ではさゆみさんも負けていないと思います。

トップ在団中に次期トップが同じ作品を上演すると、技術の差がはっきり出るので気の毒だとまで言う方もいますが、ショーを魅せるというのは、技術だけのものでは無いと思います。
「同じ曲で同じ振り」がどのような魅せ方の違いになるのか、楽しみです。
「紅・綺咲」と「礼・音波」は、全く違う魅力のものになるでしょう。

『NOW ON STAGE』での琴ちゃんの最後のことば

『ESTRELLAS』は、さゆみさんと一緒にやってきたもの。
恥ずかしくないよう、よりパワフルに。
全国の皆さん、待っていてください

札幌公演の頃は、よりパワフルに洗練された舞台になっているでしょう。
楽しみです。
少し先ですが、観劇したら、また感想を記します。
ポチッと応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

twitter


スポンサーリンク