極美慎くんと歌
こんにちは、くららです。
昨日の続きで、今日は極美慎くんの歌唱力について書いていきたいと思います。

極美慎くんというと、キラキラとしたスター性が抜群!
小顔で175cmの長身で抜群のスタイル。

ビジュアル売りのスターさんだと思っていたのですが、「極美慎くんは歌もいけるのでは」と思ってきたのです。

スポンサーリンク



星組『眩耀の谷』の新人公演

2月25日の星組『眩耀の谷』の新人公演では、愛月ひかるさんの役・管武将軍を演じていました。
この時の極美慎くんの出来が、ビジュアルだけでなく実力面でとても良かったのです。

まず、髭をつけた将軍の立ち姿が美しく、華やかだけでなく、圧倒的な迫力がありました。
太い声で、セリフも明瞭で、歌もとても聞きやすく上手でした。

それまで私は極美くんに対して、頼りなさをなんとなく感じて、「見守る」という姿勢で観ていましたが、しっかり実力が伴ってきて、堂々と舞台に立っていることを感じました。
圧倒的な存在感で「長の期」として、舞台を締めていました。

勝手な先入観で、「歌は苦手」だと思い込んでいましたが、あることを調べていて、「極美慎くんは歌は苦手でない」ことがわかりました。
キラキラとしたスターということで、それのみに目がいってしまいがちな私の先入観を反省しています。

「ドンブラココーラス隊」の選抜メンバー

100周年の夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』で、当時初舞台生の100期生の選抜メンバー12名は『ドンブラコ』でコーラスを担当しました。
この「ドンブラココーラス隊」は、100期生の「歌ウマ」さんたちの選抜メンバーです。
その中に極美慎くんのお名前があります。
この祭典は、3回に分けて行われた、層々たるOGの方々が出演された「宝塚100周年」を飾るビックイベントでした。3回に分けて行われました。

歌劇団に入ると、路線寄りのスターは実力に関係なく選抜され気味ですが、このコーラスは歌上手な選りすぐりの12人だと思います。

100期生選抜メンバー12名
・蘭尚樹(月組)
・音くり寿(花組)
・糸月雪羽(花組)
・天彩峰里(宙組)
・風間柚乃(月組)
・桃歌雪(宙組)
・きらり杏(星組)
・朱紫令真(星組)
・蓮月りらん(星組)
・極美慎(星組)
・泉まいら(花組)
・ゆめ真音(雪組)

音くり寿ちゃんをはじめ歌唱力が抜群な人ばかりです。
極美慎くんがこのメンバーの中に入っていたということは、初舞台生の時に、歌が上手と認められていたのです。
「歌上手」の証明といってもいいでしょう。

ちなみにこの祭典では、宙組の選抜娘役さんがコーラスをつとめていらっしゃいました。
コーラスメンバーは、
鈴奈沙也・美風舞良・純矢ちとせ・花音舞・花里まな・瀬音リサ・彩花まり・瀬戸花まり・小春乃さよ
歌ウマさんばかりです。

タカラヅカスペシャルのコーラス隊にも名前が

タカラヅカスペシャルには、担当組のコーラス隊が出演しています。

タカラヅカスペシャルのコーラス隊

2014年花組
真彩希帆、桜花 りな、亜蓮 冬馬、若草 萌香、姫歌 ひな乃、高峰 潤

2015年星組
真彩 希帆小桜 ほのか、遥斗 勇帆、七星 美妃、天彩 峰里極美 慎

2016年宙組
真名瀬 みら、鷹翔 千空、湖々 さくら、花宮 沙羅、湖風 珀、春乃 さくら

2017年宙組
花宮 沙羅、湖風 珀、風色 日向、春乃 さくら、夢白 あや、有愛 きい

2018年月組
白河 りり、彩路 ゆりか、真弘 蓮、きよら 羽龍、咲彩 いちご、一羽 萌瑠

2019年花組
朝葉 ことの、詩希 すみれ、天城 れいん、珀斗 星来、星空 美咲、湖華 詩
太字は新公主演者

研2で選抜されているので、歌が得意とみとめられていたのでしよう。

スポンサーリンク



男役の発声での歌

新人公演について
極美慎くんが一躍脚光をあびたのは、2017年9月『ベルリン、わが愛』の新人公演の初主演をつとめた時です。100期生の中で一番はやい新人公演主演でした。
ヒロインが星蘭ひとみちゃんだったので、ビジュアル良しのキラキラコンビという印象が深く残りました。
コンビとして歌が苦手という印象が残ってしまった…(私の中では)

2回目の新人公演主演は、『霧深きエルベのほとり』のカール。
ヒロインは水乃 ゆりちゃん。カールがキャンキャンとがなる印象でした。

どちらも紅ゆずるさんの役ですが、紅さんの歌は全力で歌い上げるという感じなので、それを模倣した歌い方だったので、上手に聞こえなかったのでは無いかと思います。

歌が上手な人でも、男役の発声が未熟なため上手に聞こえないことがあります。

模倣の仕方が悪かったのと、男役の声が未熟だったため、「歌が上手」という印象をもてなかったのだと思います。

2019年の極美慎くんについての感想
昨年春の全国ツアー『アルジェの男』のアンドレは演技派としてとても良かったです。
『ESTRELLAS〜星たち〜』のショーの方は、紫藤りゅうくんと二人で歌っていたので、歌の印象は残りませんでした。

『GOD OF STARS -食聖-』の本公演、新人公演とも、アイドルグループの一人として歌っていましたが、ソロでは無いので歌の印象は残りませんでした。どんな鬘でも、スターとして光るスター性は印象にのこりましたが。

『ロックオペラ モーツァルト』では、短いソロが上手でしたが、ほとんどソロはなかったので、苦手なためソロが少ないのかと勝手に思っていました。

明日は、スカイステージで「うたごころ。♯11「天彩峰里・極美慎」」が放送されます。
この番組でも、極美くんのカッコ良さが深く印象に残って、歌がどうだったかは、記憶に残っていません。
ビジュアルが良すぎると、そちらの印象が強すぎて、歌の実力にまで思いがまわらない。これは受け手の私の問題かもしれません。
このブログに、勝手な感想を書いていますが、先入観が先走ってしまう傾向にあることご容赦ください。

「男役7年」を迎えて、これから実力面もちゃんと際立つようになって、スターとしてますます充実していくように感じています。
これからが楽しみなスターさんです。

明日5月20日は、望海風斗さんが表紙の「anan」の発売日です。
オンラインショップでは、どこも早々に完売で予約が出来なかったので、書店で購入するつもりです。
ありとあらゆるオンラインショップを探しましたが、到着日を気にしてためらっているうちに売り切れてしまいました。
こんな現象、経験したことがありません。
無事に購入できますように♪

ここまで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとバナーをクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
いつも応援してくださってありがとうございます。

twitter


スポンサーリンク