峰さを理さんの訃報と礼真琴くん
こんにちは、くららです。
今日はとても悲しいお知らせに、心が沈んでいます。
峰さを理さんの訃報です。

元星組トップスターで舞踏家として女優として、宝塚での振付、演出でも活躍されていた峰さを理さん(本名・安田峰子)が30日、甲状腺がんのため都内の病院でお亡くなりになったとのこと。

スポンサーリンク



コロナ禍で「病院に行くのを我慢していた」というweb記事の見出しに、心が痛いです。

関係者の話では、峰さんは昨年1月、コンサートに出演したときに「肩に違和感を覚える」と体調の異変を漏らしていた。しかし、コロナ禍の影響もあり、しばらく病院に行くのを我慢し、様子をみていた。検査を受診したのが7月ごろだったという。甲状腺がんと診断され、その後、肺への転移も見られ、29日に容体が急変。「本人はしっかりしておられ、自分の命が長くないことも把握していた。『最後の舞台は踊って終わりたい』とも語っていた」と話す。引用スポーツ報知

1年前のラテンコンサート

昨年1月12日の夜、OGのラテンコンサート「熱愛のカルナバル」(於イイノホール)では、58期生3人の「自称3バカトリオ」峰さを理さん(みねちゃん)、高汐巴さん(ペイさん)、寿ひずるさん(イーちゃん) が顔を合わせて、3人で楽しいトークを聞かせてくれました。

寿ひずるさんの「シナーマン」のコーラスに峰さんとペイさんが急遽加わって、寿さんが感極まって大粒の涙を流されていました。
同期の良さ、温かさが感じられたひと時でした。

その時に峰さんは、美翔かずきさんと共に、浴衣姿で「深川マンボ」を踊られました。
ラテンコンサートでしたが、その粋なマンボは、「日本のラテン」として印象的で、コンサートに華やぎを添えられていました。
そして現役時代と変わらない、力強い歌声も聞かせてくださいました。

このweb記事の「コンサート」が、私の見た「熱愛のカルナバル」のようです。
その時にすでに肩に違和感を覚えていらしたとは…
両手をあげて、リズムに合わせて、本当に粋に踊っていらっしゃいました。

今年は「TOKYO MODERN TIMES 2021」というタイトルで、昨年と同じイイノホールで「再びジャズ、ラテンの音楽をお届け!」と、1月に開催予定でしたが、コロナの感染者が拡大したことで、3月16日、17日に延期されていました。
峰さんも出演者のお一人で、チラシに掲載されていて、再び美翔かずきさんと共に、「深川マンボ」を踊られる予定だったようです。

このコンサートの主催者の高橋正人氏がTwitterで、峰さんへの思いをコメントされていました。

去年の 12月なかば、西陽まぶしい中野のカフェで峰さんと1時間ほどお話しした。曲の打ち合わせとばかり思っていた私に、峰さんはご病気のことを打ち明けた。引用高橋正人氏ブログ

「もしかしたらこれが最後になるかもしれないからどうしてもでたいなあ、私それまで頑張る」とおっしゃった。峰さんの体調が持つことを心から祈っていたが、残酷な知らせが待っていた。残念でならない。ただただご冥福をお祈りします。引用高橋正人氏ブログ

峰さん。同期3人でステージに立った楽しい思い出を先月語ってくださって。もう一度舞台で踊ることを目標にがんばってこられたのに、無念でならない。引用高橋正人氏ブログ

病院受診の大切さを教えて下さった

昨年の1月のコンサートの時点では、コロナの心配は身近には迫っていませんでしたが、それから2月、3月と日を追うごとに、身近な心配になってきました。
体調不良を覚えながらも、病院に行くのを我慢しながら、様子をみていらしたご心境は痛いほどわかります。
コロナでの自粛期間、峰さんはブログを通して、お料理されたレシピを載せたり、元気に明るく、みんなを励まして下さっていました。私はそれを楽しみに読ませていただいていました。そのブログを書かれていた頃、体調は悪かったのですね。

検査を受診したのが7月頃で、甲状腺がんと診断され、その後、肺への転移も見られ、29日に容体が急変されたとのこと。
本当に残念でなりません。

コロナ禍で、病気で病院に出向く人が減り、健康診断の受診率もとても下がっているようです。
状況を包み隠さず公表して下さっているのは、みんなに「健康に気を配ってくださいよ」という峰さんの温かい愛のメッセージのように感じます。

峰さんは礼真琴くんの恩師

「声がでなくても最後に踊りだけは」という芸の執念を、最後までみせていらしたとのこと。
日本舞踊家「西崎峰」として舞台活動を行う一方、宝塚歌劇団で日本ものの振付も手がけていらっしゃいました。
芸の道に厳しい方なので、宝塚でも愛ある厳しい指導をされていたようです。

「日経WOMAN」の昨年の12月号で礼真琴くんは
Q この5年ほどの間で1番影響受けた人は?

A 宝塚OGの峰さを理さん

と応えていました。
『阿弖流為-ATERUI-』の振り付けの時に、心に刺さる言葉をたくさんもらって、その時から自分が変われたような気がしたそうです。

2019年5月、礼真琴くん主演の全国ツアー『アルジェの男』では、峰さんも主演として演じたことがあるので、『アルジェの男』の洋物の振付、演技指導を担当されていました。
全国ツアー初主演という重責の中、全幅の信頼を寄せている峰さんから指導を受けたことは、礼真琴くんにとって、大きな励みと助けだったと思います。

インタビューでは、宝塚OGの峰さを理さんより、緊張しない秘訣を教えられたとも応えていました。

ずば抜けた実力をもっている礼真琴くんですが、舞台の初日は不安や緊張がいっぱいだけれども、
峰さんより、「緊張するのは、自分がやってきた以上のことをやろうとするから。今までやってきたことをそのままやれば良い」とアドバイスをされてから、緊張は絶対にするものだが、「自分をよく見せようとしなければ緊張しても大丈夫」と思うようになったそうです。

峰さを理さんの訃報を聞いて、みなさん悲しく、寂しい思いでいっぱいだと思いますが、礼真琴くんは大丈夫かな?と心配です。
「ロミオとジュリエット」の初日が2週間後に控えています。
今日は「宝塚友の会」のロミジュリの先着順販売でしたが、非常事態宣言下で1階席しか販売されない理由もありますが、アッという間に完売して、人気の高さを改めて思いました。
こっちゃんにとって、峰さんの訃報は大きな痛みだと思いますが、乗り越えて、素晴らしい舞台を見せて欲しいと思います。

峰ちゃんと同期の、ペイさんイーちゃんも、大きなショックを受けていらっしゃると思います。

どうか皆様も健康に気をつけてくださいね。

ご冥福をお祈りします。

ここまで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとバナーをクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
いつも応援してくださってありがとうございます。

twitter


スポンサーリンク